芝居×リアル 【アルクシアター 弥富又八さん&丹羽亮仁さん】

3SAC特別企画 芝居×リアル

☆ゲスト☆

劇団アルクシアター 弥富又八さん&丹羽亮仁さん

☆弥富又八さん
やとみまたはち プロフィール
Facebook  https://www.facebook.com/alktheater
Twitter   https://twitter.com/alktheater
1966年 愛知県生まれ

劇団アルクシアター主催
株式会社アルク代表
劇作家・作曲家・演出家

12歳で作曲をはじめ、19歳で演劇の世界に入る。以降、演劇と音楽の両方で活動を続けてきた。
年2本のペースでアルクシアターの舞台作品を書き下ろす他、他団体へのミュージカル作品の提供や劇中曲の作曲などを行う。
劇団以外での活動は、「グレート家康公 葵 武将隊」のプロデューサー、五味弘文氏がプロデュースする全国のお化け屋敷の音楽、テレビ愛知主催「妖怪マジック」シリーズの作・演出・作曲、パフォーマンスユニット「SPADES」の作・演出・作曲、映画音楽、アニメのシナリオと音楽、TV番組のテーマ曲やCMソングの作曲など幅広い。
中部地方の様々なキャンペーンソングは延べ100曲ほど作詞・作曲。
CM歌手としては延べ300曲ほど収録しており「ドラゴンズ朝市」「スポーツのヒマラヤ」「炭火焼きハンバーグ爽やか」のCMソングは、やとみの歌声である。
2008年にアルクシアターを旗揚げしてからは演出に専念し、役者としての活動はほとんど行っていない。
「極楽亭一か八か」で音楽活動。音楽ユニット「ウィッシュブレス」「アリスシアター」のプロデュースも行っている。

☆丹羽亮仁
にわあきひと
HP http://ryojin.jp

俳優・演技講師・劇作家・演出家・セラピスト

1992年、全日制俳優養成所「名古屋劇塾」に8期生として入塾。
天野鎮雄、山田昌らに師事し演技の基礎を学ぶ。
1993年、卒業と同時に「劇団劇座」に研究生として入団。

現在は、俳優として活動しながら、演技講師として後進の育成、ラジオドラマやイベント、舞台公演の脚本や演出などの他、ボディセラピストとして、俳優、ダンサー、アスリート等、体を酷使する人々のボディケアの他、仕事や生活において痛みを覚える一般の方たちのケアをする活動している。またバンドTommyGun&JellyBeansのギターとして音楽活動も行っている。
演劇・音楽・デザインのフュージョンイベント「Linked Modules」を共同主催

2005年、愛・地球博 長久手愛知県館「地球タイヘン大講演会」において江古野博士役で全3348公演中1007回分を担当。
2014年にセラピストとしての活動と、演劇にて培った精神、感情のコントロールスキルを生かし、理学療法士を中心とした各種療法士むけの講義を新潟リハビリテーション大学で行った。
—————————————

【3SACホーム】

TOP